給湯器の水漏れで大規模な工事になる前に前兆現象を未然に察知しましょう

給湯器を長く使っていると不具合が出てくることがありますが、水漏れ 修理工事が必要な時はどのような現象が起こっている時なのでしょうか。中には不具合だと思わない程の小さな異常であることもあります。しかしそれらがただの劣化現象だと思って放っておくと、ある日突然壊れて使い物にならなくなってしまう可能性もあります。トラブルの前兆を見逃さないように注意する必要があります。

■耳や目で判断するトラブルの前兆

まずは耳や目で分かる故障の前兆現象として音があります。異音が出ていたら要注意なのですが、そもそも正常な時でも本体からは様々な音がすることも確かです。本体説明書などには擬音の一覧があり正常音と異音の違いなどが説明されていますのでそれを参考にします。
目で分かる故障の前兆現象としては、煙の存在があります。本体から煙が出ている場合がありますが正常な時の煙は水蒸気ですので特に問題はありません。不具合が起きている時は黒い煙が出ます。これは本体内部で不完全燃焼がおきていると思われますので、放っておきますと一酸化炭素が発生してとても危険です。一刻も早く業者を呼んで工事を依頼した方がよいでしょう。

■温度の異常にも要注意

本体の温度が不安定になり冷たくなったり熱くなったりしている時も注意が必要です。故障でないときも、配管に残った水が出たり、数箇所で同時にお湯を出すと水圧が分散されて温度が不安定になることはあります。また、ガス栓が半開状態のときも不安定になるでしょう。しかしそういった理由が無いにも関わらず温度の異常が確認できる場合は不具合が出ている可能性があります。
温度を高く設定しているにも関わらず熱いお湯が出ない場合は、一部分の水栓だけなのか、全部の水栓で出ないのかを確認します。一部分だけの問題であれば内部の金具を変えれば直る場合がありますが、全部の水栓から出ないときは本体の不具合が考えられます。

■まとめ
普段何気なく使っている給湯器ですが、不具合などがおこると不便を強いられます。またガスが絡んでいるので、水漏れが原因で漏電などが起これば火災などの大事故を引き起こすこともあります。常日頃からの目視によるチェックや点検はとても有効で、思わぬ不具合や事故を未然に防ぐことにもつながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ